ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

アスペルガー症候群の症状を持つ子供との接し方!

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

自分の子供が、アスペルガー症候群だった場合どのように接したらいいのでしょうか。

スペルがー症候群の場合、コミュニケーション能力が低いので、育てることに困難を覚えることもあるかもしれませんよね。

どう接したらいいのかわからなくなってしまう人も多いかもしれません。

down

環境を整えてあげることも大事

アスペルガー症候群の人は、騒がしい環境が嫌いな人も多いです。

感覚過敏の場合が多いため、大きな音などやいろいろな騒音にも強く拒否反応を示したり、パニックになったりしてしまう子もいます。

なので、できるだけ静かな環境を作ってあげることで、癇癪を起すことや、パニックになってしまうことを避けることができます。

にぎやかな場所や、大きな音が目立ってしまい拒否反応が出そうな環境では、ノイズキャンセラーなどを使用するのもいいですよね。

それでも嫌がる場合は、無理にそういった環境の場所に連れて行かないことをオススメします。

同じように、感覚過敏からくることで、触られることを極端に嫌がる子もいます。

そういう時にお風呂とか入れようとすると、パニックを起こしてしまうこともありますので、無理に入れようとせず、機嫌のいい時に入れるようにしてください。

触る時やお風呂に入るときなども、心の準備ができるように、前もって声かけしておくこともいいですよ。

また、予測できない出来事があったり、変化があったりするのを嫌う子も多くいますので、予定は前もって言葉だけではなく、文字でも伝えておいてあげてください。

子どもの年齢によっては、文字ではなく絵などに書いて伝えてあげるのもいいですよね。

生活している上で、急な予定が入ることもあると思いますが、予定外のスケジュールが入った時も、直前になってしまってでもいいので、明確に伝えてあげることが大切になります。

スポンサーリンク

→アスペルガー症候群診断!点数が高いほど自閉傾向が強い?

具体的に言ってあげましょう

普通の子なら、あいまいな表現でも理解してくれることも多いのですが、アスペルガー症候群の場合、言葉の意味が読み取れなくて、理解できないことが多くあります。

家でだとよく使うと思われる「アレとって。」「履いて。」などの言葉だと理解できないことも多いのです。

「アレ」とか「それ」などのあいまいな言葉は使わずに、具体的に言ってあげるようにしてください。

「履いて」なども、省略せずに、何を履くのか具体的に指示してあげることが必要になります。

わかりやすく短い言葉で、具体的に指示を出すようにしてあげてください。

言われたことならできるという場合は多いので、具体的に言ってあげさえすれば行動できる場合が多いです。

また、相手の気持ちを考えて発言することが苦手なことが多いので、もし相手が傷つくようなことを言っていた場合、叱らないで「こういわれたら○○さんはこう思うんじゃないかな?」といったようにしてあげ、相手の気持ちを理解できるように促してあげましょう。

言われたことは理解することも多いので、「○○さんにこういっちゃダメだよ」などはっきり伝えると、言わないようにもなることが多いです。

具体的に言われないと理解できないことも多いので、暗黙のルールのようなことは、理解できないことが多いです。

なので、あいまいなルールは、その子にもわかるように具体的なルールにしてあげ、実行できる範囲で決めてあげましょう。

アスペルガー症候群の場合、否定的な言葉などに敏感な子が多いので、叱るばかりではなく、長所を見つけ褒めてあげることを多くしてあげるのもいいですよね。

→アスペルガー症候群診断のメリットは対応作が分かる事!ではデメリットは?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事