ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

アスペルガー症候群の特徴は顔や見た目で判断できる?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

対人関係が苦手なことを特徴とする、アスペルガー症候群の人は見た目や顔で判断ができるのでしょうか。

down

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群の特徴として、相手の気持ちを読み取ることができないため、悪気はないのに不愉快なことを言ってしまうこともあります。

悪気がないので、相手が怒っていてもなんで怒っているかがわからないのです。

そういったことをふまえて、全体的にコミュニケーションが苦手な場合が多いです。

また、言われたこと以外は行動できない場合も多いので、自分勝手と誤解を受けることもあります。

言われたことをそのまま受け取ることも多く、軽くお世辞を言ったつもりでも、大げさに喜んだりすることもありますし、冗談も本気でうけとってしまう人が多い傾向にあります。

あいまいな言葉などを理解することが難しく、具体的に言われないと理解できないといった面も見られます。

予定外のことに、臨機応変に対応できないことが多く、急な変更などには、混乱してパニックを起こしてしまう人もいるのです。

暗黙のルールなども、理解できないことが多いので、「普通だったらこういう時にこうしない」ということはわかりません。

コミュニケーション能力が低く、集団行動になじめなかったり、1人で遊んでいたりする方が好きな場合は、アスペルガー症候群の可能性があるかもしれませんね。

中には、感情のコントロールが苦手な人もいて、すぐに癇癪やパニックを起こしてしまう人もいるようです。

最近だとよく煽り言葉のように「アスペ」と使う人も多いですが、普通の人でも、アスペルガー症候群の人でも、個人差があるので、人による症状の程度や、苦手な部分も違うこともありますので、「コミュニケーションが苦手=アスペルガー症候群」だとは限らないので、偏見をもった目で見るのはやめたほうがいいですよね。

スポンサーリンク

→会社の部下がアスペルガー症候群!職場の上司として知っておくべき事!

顔の特徴は?

アスペルガー症候群の場合、全員がそうというわけではないのですが、「無表情」人が多いようです。

喜怒哀楽がないわけではないのですが、その感情が表情に出ないため、場にそぐわないとして、誤解をうけることも多いようです。

また、話し方にも特徴が出ている場合もあり、感情に左右されないで、常に一定のトーンで話してしまう人もいるため、棒読みのような状態になってしまう人もいます。

子供の時は、顔立ちが綺麗に整っている場合や、堀が深い場合も多いようです。

大きくなっても童顔の人も多くいて、年とともにバランスが悪い状態になる人も多いようです。

顔つきの特徴として多いのが、細長で切れ長の目、顎がとがっているとも言われています。

そういう顔つきだからと言って、全員が全員アスペルガー症候群というわけでもありません。

そういった顔立ちに加え、コミュニケーション能力が低いなどの場合、アスペルガー症候群の可能性もある場合もあります。

また、生まれつき頭が普通の人と比べ、大きい場合もあるようです。

個人差がありますので、顔つきに特徴が出ている場合もあれば、出ていない人もいるので、同じような顔つきでも、アスペルガー症候群の特徴を持っていてはじめて「この人、もしかしたらアスペルガー症候群なのかもしれない」という程度に受け取ったほうがいいかもしれませんね。

→幼児や子供のアスペルガー症候群の特徴!具体的な対応!

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事