ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDやADDの適職はデザイナーや歌手?営業に向かない理由とは?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADDやADHDなどの発達障害の人だと自分にあった仕事を探すのも大変ですよね。

ADDやADHDのタイプにもよりますが、単純作業長時間繰り返さなくてはいけない工場の仕事なども向いていないといわれます。

同時に複数のことを見なくてはいけないなどの、マルチタスクが基本となる仕事にも向いていないですよね。

それなら、ADDやADHDの人が向いている職業は、どういった職業になるのでしょうか。

adhd

ADDやADHDは営業などは向いていないの?

ADDやADHDの人は、コミュニケーションが苦手・臨機応変にできない人が多いですよね。

なので、営業やコールセンター、レジ係、レストランの店員などの仕事は適職とはいえなくなっています。

営業になると、取引先との関係を保たなくてはいけないので、「態度が悪い」と思われてしまったことが大きな損害にもつながりかねません。

自分ではそうしたつもりがない場合でも、相手の顔色を読み取ることが苦手な場合は、プレッシャーからくる負担も大きなものになってしまいますよね。

また、コールセンターなどでは、PC操作をしながらの電話応対が必要となる場合もありますよね。

ゆっくり時間をかけてだったらできるかもしれませんが、素早さも必要になってくる仕事は避けたほうがいいと思います。

プレッシャーがかかり、思考低下につながりやすいので、対人関係がない(少なくてすむ)職業でしたら、自信喪失なども少なくてすみますね。

うっかりミスが多い場合ですと、1つのちょっとしたミスでも重大なミスとなってしまうようなパイロットや医療系(看護師など)の仕事も向いているとは言えない職業です。

もしミスしてしまっても、とりかえせるような仕事でしたら大丈夫ですよね。

短期間のバイトなどで働いてしまうと、飲みこみのよさももとめられ、覚えたころには雇用期間が終わってしまうなどもあり、効率的とはいえないので自分にあい、長期できそうな仕事を見つけてみましょう。

人柄が関係なく働ける職人やスペシャリスト系の仕事などが向いていると思います。

他にも、自分のペースでできるような仕事もいいですよね。

スポンサーリンク

→女性や子供のADD・ADHDの人は部屋を片付けられない?治療すできるのか?

自分の特徴を知り、適職を探してみよう

ADDやADHDでも俳優・歌手、スポーツ選手などと芸能界にいる人もいますよね。

自分の特徴を活かすことができる仕事は、自信喪失などの負担も少なく、長く仕事を続けられます。

ADDやADHDの人は、工場の仕事などは向いていないといわれますが、集中力が続かないという特徴の人もいれば、過集中のタイプの人もいますので、単純作業をひたすら繰り返さなくてはいけない工場や内職作業の仕事なども適職と言えるのかもしれません。

医療系は向かないとは言いましたが、対人関係も一般的ぐらいには対応できて、医療に興味があり長続きできるなどであれば、それはその人にとって適職となりますよね。

また、ADDやADHDの人は、独特の世界観を持っていたり、独特のセンスを持っていたりする人も多いので、デザイナーやクリエーターなども向いている人もいます。

自分が興味をもっていて、その興味になら集中できる仕事は長続きできますよね。

ただし、興味があっても仕事ができるとは限らないですので、ミスや上司からのプレッシャーで自信喪失してしまうよりも、興味がなくても自分ができる仕事をするということもいいと思います。

→ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADD, ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事