注目の記事 PICK UP!

アスペルガー症候群の就職先!適職を知っておこう!

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は、対人関係を苦手とするため、大人になると仕事の面でも困ることも出てきますよね。

職場によっては、自分にあわないことも多く、ストレスを抱え込んでうつ病や自律神経失調症になってしまう人も多くいます。

adhd

アスペルガー症候群に向いていること

職場でうまくいくためにも、アスペルガー症候群の人が向いていることや、苦手なことをきちんと知っておくことが大切です。

アスペルガー症候群の人は、コミュニケーション能力が低く、対人関係が苦手ですよね。

でも、決められたルールや予定を好み、パターン化していることを得意ともします。

他にも、こだわりが強い面がありますので、そのこだわりを活かすこともできますよね。

集中力があるのも、活かす点になります。

急な予定変更など、臨機応変に対応することを苦手としますので、そういった苦手なことを、仕事にしないようにするだけでも、職場でうまくやっていくことができますよね。

アスペルガー症候群の中でも、目で見たものでの情報処理が優れているタイプや、ルールなどの決まり事を守り情報処理することが優れているタイプなどあります。

タイプによって向いていることは少し変わってきますよね。

[ad#ad-1]

→アスペルガー症候群の具体的な診断基準!

アスペルガー症候群に向いている仕事とは

目で見たものなどの視覚的能力が優れているタイプの人ですと、デザイナーや建築業など目で見て作業することが多い仕事が向いています。

デザイン関係の仕事が向いているといえますよね。

視覚的能力が優れていないタイプの人ですと、プログラマーや事務員、会計士など決められたことをやることや、パターン化された仕事をする仕事が向いています。

コンピューター関係の仕事が向いているといえますよね。

自分のタイプを知り、視覚的に得意なのか、そうでないかを知っておくことで、向いている仕事の系統が分かれてきます。

プログラマーなどは、どちらも向いている職業ともいえます。

対人関係が少ない仕事場でだと、精神的なストレスも抱え込まないで済むかもしれませんね。

逆に向いていない仕事には、レジ係やレストランの店員などの仕事は、複数のお客さんを対応しなくてはならないことや、その場に応じての対応が必要となってきますので、臨機応変に対応することを苦手とする人には向いていない仕事といえます。

向いていない職業についていると、ミスしてしまったときにできないということに落ち込んでしまい、自信喪失につながるだけでなく、自己評価を低くしてしまい、うつ病や自律神経失調症などの精神病を併せ持ってしまうことも多くあります。

なので、できるだけ自分が苦手としできないことを、無理にしようとするのではなく、できることを仕事にしたほうが精神面的にもいいといえますよね。

まずは、自分が向いていることを見つけてみてくださいね。

自分が得意とし、集中できる仕事を見つけることが大切なことにもなります。

自分にあった適職を探してみてくださいね。

→アスペルガー症候群の特徴は顔や見た目で判断できる?

[ad#ad-1]

関連記事

  1. 山口達也さんのケース!アスペルガー症候群のエピソード

  2. アスペルガー症候群はマルチタスク能力が低く同時作業は苦手

  3. イチロー選手のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  4. 狩野英孝のケース!アスペルガー症候群は離婚する確率が高い?

  5. 坂本龍馬のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  6. 病院でアスペルガー症候群の診断を受ける場合は何科?

  7. こだわりが凄い3歳児のアスペルガー症候群!対応や対策!

  8. 幼児や子供のアスペルガー症候群の特徴!具体的な対応!

  9. 蛭子能収のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP