注目の記事 PICK UP!

アスペルガー症候群の療育法を始める時期

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の治療方法で、「療育」という言葉をよく聞きます。

療育は、いつごろから始め、どんなことをするのでしょうか。

adhd

アスペルガー症候群は早期発見・早期治療が望ましい

アスペルガー症候群であることに気付くのが、保育園や幼稚園などの集団行動をするようになってからが多いですよね。

集団生活が始まる前は、アスペルガー症候群であることに、気づかないことも多く、保育園や幼稚園に行くようになってから、周りの子に比べて違和感を覚えることも多いようです。

1人っ子などは、元から1人遊びが好きなこともありますが、集団生活が始まると、周りの友達と遊ぶことも多くなります。

保育園や幼稚園に通いだすことで、環境に合わせて遊び方も変化していきますよね。

アスペルガー症候群の子の場合、他の子に関心がないことや、自分の行動を変えようとしない子が多くいます。

そこで初めて、「もしかしたら…」と疑いを持つ親も少なくはないです。

しかし、そういう性格だからと決めつけたり、慣れていないだけでそのうち慣れるだろうと放っておいたりすることもあるようです。

子供が困ってしまわぬように、また、のちに苦しまないようにしてあげるためにも、疑わしい場合は、医師に診てもらうことも大切なこととなるのですよ。

幼児期に、早期発見することで、治療も早く開始することができます。

[ad#ad-1]

→アスペルガー症候群は料理が苦手!食欲が凄いって本当?

アスペルガー症候群は早期に治療開始できると効果的

発達の遅れなどがみられる子供の、生活するうえで、不自由なことをなくすために、専門的な教育プログラムなどをしていきながら、トレーニングしていくということが、「療育」になります。

発達障害である、アスペルガー症候群の子供も、早期から治療することにより、将来必要な社会性を身につける練習にもなります。

できないことをできるようにしていく、ということが療育の目的となりますので、その子にあった療育を受けることができます。

療育を受けることにより、アスペルガー症候群の特徴である症状を和らげることも可能なのです。

療育を受けることにより、アスペルガー症候群の特徴である、コミュニケーションが苦手ということも、トレーニングすることができ、コミュニケーションがスムーズに取れるようになる子もいます。

なかなか判断しづらく、診断がつかないこともあるのですが、疑わしいと思ったら病院に行き診断してもらうことで、早期療育をすることができます。

療育の内容も様々なものがあり、苦手なことを克服するためのことや、将来のために社会性を身に着けるトレーニングなど、その子にあう療育を受けることができますので、診断がつき次第、療育を開始するのが一番いいといえます。

判断がつく時期は、その子の症状の出方などで、疑わしいと感じることも、場合によってはそのまま気づかず放置されてしまうこともあるかもしれません。

幼稚園や保育園などの、集団生活が始まりだし、子供が周りに合わせることができなく困っているようなら、病院で診断を受けてあげてくださいね。

子供の立場になって考えてあげ、このままじゃ子供が困ってしまうなって思った時こそ、療育を始める時期なのかもしれませんね。

特徴が表によく出ている子などは、3才頃には判断がつく子もいますので、早期発見・早期治療ができるようにしてあげてください。

→パニックになりやすいアスペルガー症候群の対処と対応

[ad#ad-1]

関連記事

  1. ADHDとアスペルガーは併発・混合・合併はしないのか?診断結果でわかる!

  2. アスペルガー症候群は上手に人間関係が築けない

  3. 狩野英孝のケース!アスペルガー症候群は離婚する確率が高い?

  4. 受動型アスペルガー症候群の特徴!外面内面に現れる?

  5. 泰葉の発言は発達障害やアスペルガー症候群の人に見られる症状なのか?

  6. 職場でのアスペルガー症候群の対応や付き合い方!

  7. ADHDやアスペルガー症候群の夫婦の息子も両親と同じ症状を遺伝するのか?

  8. アスペルガーや発達障害に幻覚幻聴が起こる原因!対応や対策は?

  9. アスペルガー症候群はマルチタスク能力が低く同時作業は苦手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP