ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

アスペルガー症候群の子供の治療を病院以外で相談できる場所は?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

子供がもしかしたらアスペルガー症候群かもしれない。

そんな時に、相談できる場所はあるのでしょうか。

adhd

病院以外で子供のアスペルガー症候群を相談できる場所

子供の発達障害について相談できる場所はいくつかあります。

「市町村の保健センター」では、子供だけではなく、成人に対しても、発達障害について、悩みを相談することができます。

市町村により、予約制のとこや、対象年齢が異なる場合もありますので、あらかじめ電話で確認してから相談に行ってくださいね。

17歳未満の子供でしたら、児童相談所でも相談ができます。

児童相談所では、必要に応じて発達検査なども行い、医師や保健師などから支援や療育についてのアドバイスももらえます。

児童相談所ですと、治療についての相談もできますので、利用してみるといいでしょう。

市役所の中に入っている、子育て支援センターでも、育児に関する相談をすることができ、子育て支援サークルなどもあるのですが、発達障害児のサークルなどもある場合もあるので、同じ境遇の仲間の話を聞ける機会にもなりますね。

発達障害者センターでは、発達障害者の人専門の施設になりますので、相談だけではなく、発達支援や教育支援などの支援行う施設となっています。

大人の人ですと、就職支援もおこなっています。

発達障害の早期発見と早期治療を目的とした施設になりますので、遠慮なく相談しに行ってくださいね。

また、近くに専門医がいる病院を教えてくれることもあります。

スポンサーリンク

→3歳児のアスペルガー症候群の特徴や症状

子供のアスペルガー症候群を専門医に相談

病院以外にも、相談できる場所はありますが、専門医に診断を受けることにより、療育などを受け、二次障害であるうつ病や、自律神経失調症などの精神病へつながることを予防することにもつながります。

アスペルガー症候群の症状などを認識しないまま、大人になっていくと、社会生活が困難になり、二次障害へつながりやすくなってしまいます。

なので、できるだけ早くに専門医に診断を受け、早期治療を開始することが一番望ましいです。

子供が、社会生活での生き辛さを感じたままにしないためにも、できるだけ早く専門医による診断を受けることが大切なこととなります。

早くから、療育など、その子にあった治療をすることで、社会生活も不自由なく過ごせることが可能にもなりますので、できるだけ早く診断を受けてくださいね。

「うちの子に限って…」「もう少し様子を見たい」、「そういう性格であって、発達障害ではないんじゃないか」と診断を先延ばしにすることにより、療育も遅れることになりますので、注意が必要です。

発達障害者支援センターや児童相談所、場合によっては普通の小児科で、相談することは可能ですが、診断ができるのは専門医になりますので、相談後、専門医に診てもらうことが大切です。

適切な対応をとれていないままだと、二次障害の原因ともなりかねませんので、早めの診断が必要にもなるのですよ。

→黒柳徹子さんのケース!アスペルガー・ADHD・発達障害のエピソード

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事