ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

思春期のADHDの特徴!子供の行動に頭を悩まされる!治療法はあるのか?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

思春期になると子供にいろいろな変化が出てきますよね。

反抗したり、好きな人ができたり大人になる準備がはじまっていく多感な時期です。

ADHDの子供は、思春期になるとどうなるのでしょうか?

adhd2

思春期時期のADHDの子供の行動はどうなるの?

思春期になると、反抗期がはじまります。

ADHDの子じゃなくても、反抗期には、男の子は親に歯向かうようになってきたり、女の子だと父親を嫌がったりもしますよね。

ADHDの子は、それをさらに激しくした感じになります。

反抗するようになって困ることは、今までは服用していた薬を飲むのも拒否するようになる子もいます。

薬物療法で治療している場合は、きちんと指示通り服用させるなど、親のサポートが必要になってきますよね。

また、周りの人との違いにも気づき、劣等感を覚えるかも子もいると思います。

そんな時は、苦手なことや出来ないことで劣等感を覚えないように、その子の得意なことに目を向けてあげるようにサポートしてあげてください。

自分の話したいこともうまく伝えられなかったり、自分のことばかり一方的に話してしまったりと、友達との輪に入れないこともあります。

ご家庭で、普段から会話の練習をするのもいいですね。

他にも、思春期に必要な想像力が欠落している場合もあります。

そのような場合、周りがいろいろなことに興味をもつように工夫してあげて改善を目指してください。

また、男の子の場合、気ままに動き回るようになり、女の子の場合は、おしゃべりに夢中になる子が多くなります。

行き過ぎた行動をとってしまう場合もあるのですが、興奮している場合は落ち着かせてあげ、叱るときも大きな声でおこらず、的確に静かに対応してあげてくださいね。

スポンサーリンク

→赤ちゃんは頭蓋骨でADDやADHDの特徴がわかるって本当? 

ADHDの思春期には薬を服用したほうがいい?

思春期でのADHD治療には、「アトモキセチン」「メチルフェニデート」という薬が使われていることが多いです。

これらの薬は、脳の神経伝達物質になる「ノルアドレナリン」・「ドパミン」の不足を改善してくれる働きがあります。

一時的に症状をおさえたり、改善させたりするための薬であり、ADHDを治すことのできる薬ではないので勘違いしないようにしてください。

思春期になると、多感な時期でもあるため、ADHDの症状により、集中できなくて成績が低下したり、友達がなかなか作れなかったりしたら、劣等感を持ってしまう子もいますよね。

その劣等感によって、将来引きこもりになってしまったり、うつ病になってしまったりする二次障害を防ぐということもかねて、薬の服用がいいとされています。

薬の服用はリスクをともなうこともありますので、子供の症状によって判断してあげてください。

薬を服用しなくても、生活に支障がなく過ごせているなどでしたら、リスクがあるのをわかっていて無理に飲まなくてもいいですよね。

薬を服用してみて、服用しても何も変わっていないなど、改善の効果が期待できない場合は服用を中止することもできます。

リスクを伴いますので、薬の服用はお子様の症状により、医師と相談の上きめてくださいね。

→子供が病院でADDやADHDを診断するためのテストやチェクリスト!どんな事をするのか? 

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事