ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

アスペルガー症候群の治療で効果的な薬はある?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の治療に効果的な薬はあるのでしょうか。

薬でアスペルガー症候群を、治すことはできるのでしょうか。

adhd

アスペルガー症候群に特効薬はない

アスペルガー症候群の治療に薬が用いられることもありますが、治すことのできる特効薬などはありません。

アスペルガー症候群の人は、薬物治療は必ずしも必要なわけではありません。

対人関係が苦手なことや、コミュニケーションが苦手などの症状に対して、効果がみられる薬はありません。

そのため、治療には療育をして、トレーニングしていくという方法が多く使われています。

疾患そのものをなおす薬ではなく、補助的なことに、薬を使う場合もあります。

総合失調症や、不眠、食欲不振などの併存障害がある場合に、薬の服用での治療がとられることもあるのです。

感覚過敏の人だと、気持ちを安定させるために、気分安定剤などの薬を処方されることもあります。

パニック発作がおきたときには、心を安定させるために、非定型抗精神病薬などの薬も、服用することもあります。

多動でADHDのような症状がある場合は、中枢神経刺激薬を飲むこともあるようです。

薬には、副作用があるものもありますし、個人差もあるので、合わない人もいます。

そのため、補助薬として使われる薬も、慎重に選ばなくてはいけません。

スポンサーリンク

→アスペルガー症候群の子供の治療を病院以外で相談できる場所は?

アスペルガー症候群!感覚過敏がある人は注意が必要

個人差もあるのですが、アスペルガー症候群の人は、薬が効きやすい人も多くいます。

感覚過敏のある人に多いようなのですが、普通の人なら適量の薬の量なのに、効きすぎてしまうことがあります。

副作用も出やすい場合もあります。

そのため、薬を飲む場合は、少量からの服用となります。

二次障害としてのうつ病などを持ってしまった方も、抗うつ薬を飲み、気分の落ち込みを軽減するようにします。

あくまでも、薬物治療は、補助的な効果でしかなく、アスペルガー症候群そのものがなおるわけではありません。

ですが、気分を安定させたり、興奮しやすい場合に鎮静させたりと、薬によって、症状が軽減するものもたくさんあります。

薬の効果や副作用は個人差がありますので、医師と相談のうえ、服用する薬を決めていきます。

アスペルガー症候群の人は薬が効きやすいことも多いので、少しでも体調がおかしかったら、必ず医師に相談してくださいね。

補助的なものにはなりますが、症状の軽減に効果がみられる場合もあります。

しかし、アスペルガー症候群の人にとって、薬物治療は必ずしも必要なものでもないのです。

ほとんどの薬には、効果が期待できたとしても、副作用がつきものですよね。

なので、薬の服用をするかは、効果と副作用のことも考えたうえで、服用を決めてくださいね。

服用する場合、少量からになりますが、必ず医師の処方のとおりに飲むようにしてください。

薬は、症状を軽減させるだけなので、あわせて療育や心理療法で社会性を学ぶトレーニングをしていくことが大切になるのです。

→3歳児のアスペルガー症候群の特徴や症状

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事