ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

オーランド・ブルームさんのディスレクシアについて

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ハリウッドでも有名な俳優さんたちにも、発達障害をもっている人たちがいます。

ロード・オブ・ザ・リングや、パイレーツ・オブ・カリビアンなどに、見たことある人のほうが多いですよね。

それらに出演されている、オーランド・ブルームさんもディスレクシア(失読症)をもっています。

dyslexia

オーランド・ブルームはセリフを覚えるのが困難

ハリウッドで活躍する、イケメン俳優のオーランド・ブルームさんは、ディスレクシア(失読症)を持っているため、セリフを覚えるのが非常に困難だそうです。

オーランド・ブルームさんは、文字を読むことができても、意味が頭で理解できないことが多いようです。

また、単独の言葉や、ひとつひとつの単語などは理解することができるのだけど、文章になってしまうと、途端にわからなくなってしまうこともあるようです。

学習障害の1つであるディスクレシアだと、「セリフを覚える」ということが多い俳優業だと、とても大変ですよね。

オーランド・ブルームさんは、主役級の役が多いですよね。

セリフの量もたくさんあると思いますが、ディスクレシアであるにもかかわらず、頑張って覚えていることは、大変な苦労をなさっているのだと思います。

華やかな映画の舞台裏では、大変な苦労と努力をされていたのですね。

学習障害の中でも、ディスレクシアに分類される人は、非常に多いとされていて、欧米などでは国民の10%の人がそうであるらしいです。

スポンサーリンク

→勝間和代さんのケース!アスペルガー・発達障害のエピソード

オーランド・ブルームの失読症(ディスレクシア)の診断

ディスレクシアであることは、7歳の時に診断を受け、判断されています。

IQテストやパズルをうけたことが、面白かったようです。

7歳の子供から見たら、面白い診断テストになったのかもしれませんね。

その結果IQはかなり高かったそうなのですが、数値は載っていませんでした。

また、オーランド・ブルームさんは小さい頃、気が散りやすくて、ケガの多い子だったそうです。

それに加え、学習障害をもっているせいか、イライラすることも多かったみたいなのです。

ADHDの多動性も持っていたようにも見えますが、当時多動性があるという診断を受けたことはないようです。

ディスレクシアもそこまで知られていなかったようなので、ADHDのほうも知られていなかっただけなのかもしれません。

その時にADHDについての研究が広まっていたら、もしかしたらADHDの多動性の部分でも当てはまっていたのかもしれないですね。

文字を見て、頭で理解することが困難だったため、やる気を出させるために、母親が「50冊読んだら、オートバイを買ってあげる」と言って、やる気を出させようとしました。

残念ながら50冊読むことができなかったので、オートバイをもらうことはできませんでしたが、ディスレクシアの克服のために一生懸命頑張って本を読んだようです。

オーランド・ブルームさんは、今でもディスレクシアのせいで、困難なことが多いようです。

それでも、俳優を頑張っている、とても努力家なのです。

セリフ覚えが困難だとは思いますが、これからの活躍にも期待です。

→ミッツ・マングローブの学習障害について

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ディスレクシア, 学習障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事