ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの薬!子供へのストラテラの効果と副作用!注意したいデメリットは?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHDの治療薬として、「コンサータ」と「ストラテラ」を主に処方されますよね。

ストラテラを子供に服用させている時、どのような効果が期待できるのでしょうか。

またADHDの治療薬には、副作用の出るもの多いですがストラテラの副作用は、どういったものがあるのか気になりますよね。

adhd

ストラテラは6歳以上から使用できる薬

非中枢神経刺激薬である「ストラテラ」は、6歳以上から使用できる薬になっています。

6歳以下の子供への使用はできません。

あまりにも小さい子だと、ADHDの診断が確定していなかったり、確定していても薬物治療よりも心理的治療などを選ばれる方が多かったりですので、使用開始年齢が決まっているのですが、さほど問題はないと思います。

ステラテラは、非中枢神経刺激薬なので中枢神経刺激薬に比べると副作用も少ないですよね。

中枢神経刺激薬と比べると、効果も少し穏やかになっています。

ドパミンとノルアドレナリンを増やすことによって、ADHDの症状を改善させる効果がある薬になります。

依存性も低いので、薬の乱用というリスクをあまりかけないというのもいいですよね。

スポンサーリンク

→病院のADHDの薬は子供も飲める?副作用の心配は?治療費用はどの位?

効果があらわれるまでに期間がかかる

デメリットとして、服用を開始してから「効果があらわれるまでに期間が必要になる」という事があります。

個人差はありますが、効果があらわれるまでに大体1ヶ月ぐらいはかかるようです。

個人差があるので、2か月ぐらいしてから効果があらわれる人もいます。

また、その効果の見られない時期に、副作用が見られることが多いのも特徴となります。

副作用として、頭痛や腹痛、不眠や食欲不振がおこりやすくなり、投薬初期にあらわれることが多く、数時間から数日程度で出ている人が多いようようです。

18歳未満の場合、体重をもとに投与量が計算されます。

投薬初期に副作用が出やすい薬なので、少しずつ様子を見ながらの投与になり、子供の様子をみながら徐々に増やしていく薬です。

1日1~2階投与し、1週間以上の間隔をあけて投与量を増やしていきます。

すぐに効果があらわれるのではなく、ゆっくりと時間をかけて症状の改善をする薬になるので、なかなか効果があらわれなく、副作用ばかり出ると不安になるかもしれません。

その期間を乗り越えたときに、改善の効果が期待できるので頑張ってくださいね。

副作用も、「コンサータ」と比べて少なく、効果が1日中続いてくれるというのは大きなメリットの薬です。

あくまでも、完治できるという薬ではなく、症状の改善がみられる薬になるので、薬物治療以外を選ぶということもできます。

個人差もありますが、薬の投与で改善の効果が高い場合も多いことも確かです。

薬物治療を選び、中枢神経刺激薬のコンサータと非中枢神経刺激薬のストラテラのどちらにするかは、それぞれの薬の特徴やリスクをふまえたうえで医師と相談して決めてくださいね。

稀に体重が減ったり、成長遅延などがみられる場合もあるようなので、子供に合わなかったり、副作用が大きかったりした場合は、服用の中止や投与量を減らすなどの適切な対応も必要になるので、子供の様子を見ながら服用していってください。

→ADHDの特徴!衝動性と多動性の違いは?幼児の診断で何がわかるのか?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事