ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

パリス・ヒルトンさんのADDについて

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

おさわがせセレブとして、有名なパリス・ヒルトンさん。

ヒルトンホテルの創業者一族の令嬢でもあり、モデルやデザイナー、女優業など、幅広い活躍をされています。

そんなパリス・ヒルトンさんは、ADD(注意欠陥障害)の診断を受けています。

add

世界を代表するセレブ、パリス・ヒルトン

パリス・ヒルトンさんは、セレブ中のセレブと言っても過言ではないぐらいの人ですよね。

ホテルチェーンのヒルトンホテルの創業者一族の令嬢だけではなく、幅広いジャンルで活躍されていて、さらに、世界でも有能な企業家でもあるのです。

そんなパリス・ヒルトンさんは、12歳の時にADD(注意欠陥障害)の診断を受けていると、アメリカの有名なテレビ番組で告白しています。

飲酒運転をして、免許停止期間中に、無免許運転をしたことにより、禁固刑になってしまいました。

車が大好きらしいので、乗るのを我慢できなかったのもあるのでしょうか。

その後に出た番組で、ADHDの薬でもある「アデラル」を服用しているということを告白しました。

日本で「リタリン」が問題視されているのですが、それと同様に問題視されていて毛検視されている「アデラル」を服用していたのです。

子供のころから、衝動や問題行動をおさえるために、薬の服用をして、症状の改善やコントロールをしていたようです。

スポンサーリンク

→ミッツ・マングローブの学習障害について

多岐にわたる成功者パリス・ヒルトン

パリス・ヒルトンさんは、12歳の時にADD(注意欠陥障害)であると診断されているので、 子供のころから投薬でコントロールしながら、自分のADDの症状と付き合ってきたそうです。

自分の特性や症状を受け入れ、努力をしてきたからこそ、デザイナーや企業家としても活躍されているのではないでしょうか。

また、恋愛でも1人の男性と長続きしないようです。

ADDやADHDの人は、恋愛に関しても、1つの事に集中できないケースもあります。

パリス・ヒルトンさんの症状は、典型的とも言われるADDの症状が強く出ています。

ADD(注意欠陥障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)は、名前についている多動性の部分があるかないかで、わけられます。

ADDも、ADHDも、集中力が長く続かないことや、注意力が長く続かないことが共通してみられます。

しかし、違うことで多動があり、ADHDの場合は、じっとしていることができなく活動的なことがみられます。

ADDは、ADHDとは違い、おとなしめで口数が少なくボーとしていることが多いというケースが多いです。

パリス・ヒルトンさんの診断された方は、ADDなのですが、日夜パーティーを繰り広げたたり、活動的だったりするので、個人的には多動性もあるADHDの方では?と思います。

すべて、衝動性からくるものだとしたら、とても活発ですよね。

どちらにせよ、パリス・ヒルトンさんは、自分の発達障害の特徴を捉え、自分で努力しつつ、周りに理解やサポートしてもらい、数々の成功してきています。

自ら、発達障害を告白することによって、同じ発達障害をもつ人たちを応援したいといわれていました。

発達障害をもっていても、成功できるというケースを見せてくれていますよね。

スポンサーリンク

→長嶋茂雄さんのケース!発達障害のエピソード

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事