ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害は仕事が続かない理由!支援が必要なのか?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害の人は、仕事でストレスを抱えることが多く、仕事が長続きしない人も多くいます。

どうしてなのでしょうか。

adhd

発達障害には向いていない職業のこともある

発達障害にも、ADHD、アスペルガー症候群、自閉症などいろいろありますが、ほとんどの発達障害の場合、同時作業が苦手な場合が多いです。

そのため、働いている仕事によっては、向いていない職業となり、ミスが多くなってしまうことや、仕事ができないことで、自信を喪失し、場合によってはうつ病などの精神病を持ってしまうなどの二次障害になることだってあるのです。

他にも、コミュニケーション能力が低く、周りの人とうまくなじめずに、孤立感を感じてしまうことや、発達障害に理解の少ない仕事環境などでも二次障害になってしまう可能性もありますよね。

発達障害をもっている人は、やりたい仕事よりも、できる仕事のほうが、長続きはします。

同時作業が少ない仕事や、対人関係の少ない仕事、自分のペースで作業できる仕事などは、発達障害の人にも向いている仕事になります。

こだわりが強いアスペルガー症候群の人は、パターン化されている仕事や、自分の興味がある事や得意なことに関しては強い力を発揮することだってあります。

ADHDで、不注意症状が強い場合でも、やり方によっては、ミスを減らすことだって可能になるのです。

仕事の環境も大切になっており、興味が他の物にうつってしまうことや、周りの雑音などで集中できない場合は、作業する場所に必要以上に物を置かないことや、パーテーションなどでスペースを区切るなどの工夫をすることで、仕事に集中することも可能です。

仕事をする環境が悪い場合にも、長続きしない原因となってしまうことだってあるのです。

スポンサーリンク

→発達障害の遺伝!祖母・祖父・兄弟に居たら子供は要注意

発達障害は支援サービスも利用できる

発達障害であることを理由に、就職することすらできない場合もあるようです。

残念ながら、症状が軽度でも、発達障害という事だけで、敬遠する会社もあるのが現状です。

なかなか就職先が見つからないといった場合、障害者雇用枠を使っての就職だって可能なのです。

自分に向いていること、不向きなことを自分で把握しておくことも大切です。

支援センターで、就職相談することもできますので、利用してみることも考えてみてください。

支援サービスの1つの、ジョブコーチというサービスでは、職場でうまくできるように指導してくれたり、方法を教えてくれたりします。

そのサービスを使うことによって、職場でなじめずストレスを抱えてしまうということや、職場でうまくできず引きこもりがちになってしまうなどの事からも防ぐことにもなります。

ジョブコーチなどは、発達障害をもっている人にだけではなく、実際に職場にきてくれ、職場で、発達障害をもった人への対応の仕方などを指導尾などもしてくれます。

なので、仕事が長続きしないなどの時に、利用してみることは、大変いいことともいえます。

スポンサーリンク

→発達障害の遺伝の確率!旦那から子供に遺伝しやすい?

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事