注目の記事 PICK UP!

発達障害の小中高校でみられる不登校の対応と支援

スポンサーリンク

発達障害をもつ子は、不登校になりやすいということもあります。

「不登校になったのは、発達障害なのかもしれない」と思ってしまうぐらいの人もいるようです。

不登校=発達障害というわけではないのですが、発達障害者の子は、二次障害をもつことによって、不登校にもなりやすい傾向にあります。

子供が不登校になってしまった時、どう対応してあげたらいいのでしょうか。

adhd

不登校になった原因をみつける事が重要

発達障害をもっている子供は、コミュニケーションが苦手な子が多く、周りの仲間とうまくなじめずにストレスを抱えてしまう子が多くいます。

それ以外にも、勉強ができなくて嫌いになる場合や、不適切な対応によって引きこもりや不登校になってしまうことも多くあります。

症状が軽度の場合は、周りに発達障害としての症状だと理解されないことも多く、いじめや非難の対象になる子も少なくありません。

発達障害だとわかっていても、いじめの対象になることや敬遠されることだって多いのです。

子供が不登校になった原因が、どういったことが原因なのかを理解しない限りは、たとえ一時的に登校できても、また不登校になってしまうことだってありますよね。

コミュニケーションがうまく取れなくて、不登校になってしまった場合などは、家で勉強することもできます。

勉強が嫌いで不登校になってしまった場合は、その子にあった勉強の仕方をさせてあげるようにしなくてはいけません。

その子が学校に行きたくない理由を話してくれなくても、無理に理由を聞こうとしたり、無理やり学校に連れて行こうとしたりはしないであげてくださいね。

ひきこもりになったり、うつ病などの二次障害をもってしまったりなどの原因ともなりかねません。

理由を話せない場合は、その子が落ち着いて話せるようになるまで待ってあげてくださいね。

[ad#ad-1]

→発達障害の子供はコミュニケーション訓練で症状が改善する?

不登校向けの支援もある

不登校になってしまった時に、高校だと出席日数や単位が足りなくて、留年してしまうことや、卒業できなくなってしまうことだってありますよね。

その子が、学校に行きたくないようでしたら、フリースクールや、通信制などで勉強するのもできます。

不登校支援センターなど、発達障害をもっているために不登校になってしまった時に、不登校を克服できるように支援してくれるところもあります。

高校は、出席日数や成績により、進級や卒業ができるか変わってきてしまいます。

不登校になった時、子供の将来のために悩みますよね。

また、小学校や中学校の時にも、不登校になる子だっています。

出席日数や成績に左右されず進級や卒業できることが可能なことが多いため、不登校になっても、ほっといてしまう場合もあるようです。

問題を克服できないまま、進んでいくと、中学・高校と進んだときに、また不登校になることだってあるのです。

小学校で不登校になっていた場合、早い段階から、不登校支援センターなどを利用し、不登校の克服にむけ頑張ることで、中学・高校で不登校になることを減らすこともできます。

無理やり学校に行かせようとするのもよくありませんが、不登校の状態を放置してしまうのもよくありません。

不登校のまま、ひきこもりになってしまうことだって多いのです。

子供が、また学校に笑顔で行けるように、周りの人のサポートも大切なのです。

[ad#ad-1]

→発達障害の子供にオススメの勉強の教え方!

関連記事

  1. 蛭子能収のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  2. 発達障害の特徴!1歳2歳3歳4歳でどの程度の変化がみられる?

  3. 発達障害の子供はコミュニケーション訓練で症状が改善する?

  4. 発達障害の夫や子供を持つ妻や母親はどんな悩みを抱えている?

  5. 過保護のカホコが発達障害かも?言われる3つの理由!イラつくとの関係性

  6. 発達障害の子に起こるフラッシュバックの症状!

  7. 発達障害が自立するのに必要なポイント

  8. 発達障害と軽度知的障害の違い!学校は普通学級で問題ない

  9. 高畑裕太は発達障害・ADHD・アスペルガー症候群どれにあたるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP