ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDの市販薬はあるのか?コンサータやエビリファイの効果や効能は?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHDの薬物治療には、中枢神経刺激薬と非中枢神経刺激薬の薬があります。

ADHDの治療に使える市販薬などはないのでしょうか?

adhd

サプリメントで代用できる

ADHD用の治療薬として市販されている薬はありません。

ただ、治療薬としてでは市販はされていないのですが、治療薬もADHDは完治できる薬ではなく、改善に効果がある薬になるので、市販薬やサプリメントなどでも代用もできるといえますね。

サプリメントで、DHAの成分が入っているものでしたら、脳の働きを活性化してくれます。

脳の神経が未発達でおこる発達障害のADHDなので、DHAを摂ることによってADHDの症状を緩和できる効果もあります。

EPAの成分は、血液の流れを活性化してくれるのと、精神状態の安定を促せてくれる効果があります。

DHAとEPAをあわせて使うことにより、DHAの働きをサポートしてくれる効果があるのでより効果が期待できますね。

薬とは違い、基本的には副作用もなく改善の効果が期待できるのはいいですよね。

また、サプリメントなので、処方された薬と併用して飲むことができるということは、大きなメリットになります。

衝動性を緩和したい場合はEPA、不注意・多動性を緩和したいならDHAがオススメとなりますね。

サプリメントには、基本薬用成分は入っていないですが、一応医師にも相談して飲んでくださいね。

スポンサーリンク

→ADHDの薬!子供へのストラテラの効果と副作用!注意したいデメリットは?

ADHDの症状改善に効果的な薬

ADHDの治療薬としてコンサータ(中枢神経刺激薬)と非中枢神経刺激薬が使われていますね。

コンサータは脳神経に作用してくれるので、効果も高く期待できますが、その分副作用も多いのでリスクを伴います。

ADHD用としてではないのですが、総合失調症の向精神薬として使われている「エブリファイ」も、症状改善として効果が期待できる薬になっています。

衝動性の強い行動が多い場合に効果的です。

向精神薬として使われている薬なので、ADHDの治療用に使用する場合は、総合失調症の治療薬として使われるときよりも少なく処方されるみたいです。

個人差もありますので、衝動性が強い子全員に効くというわけではありませんが、効果が期待でき、衝動性をおさえられる場合もあります。

エブリファイは、他の精神薬と比べ副作用も少なめなのですが、アカシジア(足がむずむずしてじっとしていられなくなる)がおこることもあります。

アカシジアのみに関しては、他の精神薬より多く出る場合がありますので、注意が必要です。

エブリファイによる副作用が強く出てしまうようでしたら、医師と相談してさらに減らしたり、中止を考えたりとした適切な対応をしてください。

エブリファイのように、ADHDの治療薬としての薬ではなく、他の治療薬でもADHDの症状改善の効果がある薬もありますので、効果・副作用やデメリットを考えたうえで、服用する薬を決めていってください。

また、自分で勝手に薬の量を調節するなどはせず、副作用などがつらいときなどは自分で判断せずに、医師と相談して適量を服用できるように頑張ってくださいね。

→病院のADHDの薬は子供も飲める?副作用の心配は?治療費用はどの位?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事