ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ジミー大西さんのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

芸能界やスポーツ界の中で、発達障害を告白する人や、疑いがある人などが多くあげられています。

ジミー大西さんも、発達障害の疑いがある人として名前が挙げられているなど、噂が出ています。

oonishi

アスペルガー症候群の症状に当てはまることも多い

現在は、画家としても活動している、タレントのジミー大西さん。

独特の雰囲気や言動が売りのお笑いタレントさんですよね。

本人が公表しているわけではないのですが、コミュニケーションの取り方や、空気を読まないということから、アスペルガー症候群だという噂が出ています。

アスペルガー症候群の特徴として、コミュニケーションが苦手なことがありますので、そのことから噂になっているようですね。

ジミー大西さんの、小さい頃は、小学校2年生ぐらいまでほとんど喋らず、ひとりで遊ぶことが好きだったようです。

学校の成績も悪く、常に最下位だったとか。

アスペルガー症候群の人は、知的な遅れがないことが多いのですが、勉強の仕方によっては、勉強の仕方がわからなく、勉強が苦手となることもあります。

スポーツが得意だったようで、スポーツ推薦で高校に進学したのですが、数式を用いたサインがおぼえられずに、マネージャーを務めることにもなりました。

発達障害の中で、学習障害を伴うこともありますので、もしかしたらそのせいで覚えられなかったのかもしれませんね。

他にも、車の免許をとるために、教習所に通うも、漢字を読むことができずに、筆記試験が困難になり、半年もかかって取得したという話もあります。

文字を読むことができないといった、学習障害をもっているのかもしれないという疑いが出てきますね。

明石家さんまさんの、運転手をしていた時に料金所で窓を開けるのを忘れて、手を思いっきりぶつけて骨折したという話もあるのです。

ADHD(注意欠陥多動性障害)などの、不注意でももっているのでしょうか。

また、キレのいいボケが、「意図的であれば天才役者」と萩本欽一さんに言われたのですが、2人きりで話した後、「天然だった…」と言われ、「天然ボケ」の異名までついています。

コミュニケーションの取り方や相手との距離感が、普通の人と違っているため、お笑い界では笑いにつながることになったとも言われていますね。

そんなことから、ジミー大西さんは発達障害という噂が出ているようです。

スポンサーリンク

→山口達也さんのケース!アスペルガー症候群のエピソード

ジミー大西は感覚が鋭い

ジミー大西さんは、番組の中で「女子アナのスリッパを当てる」といったゲームで、警察犬と対決して優勝しています。

発達障害をもっている人で、視覚・聴覚・味覚・嗅覚などが過剰な、感覚過敏をもっている人もいます。

ジミー大西さんの場合、異常なまでの嗅覚の鋭さをもっているため、余計に発達障害の疑いがあるとされているのかもしれませんね。

現在は画家として活躍しているジミー大西さんですが、鮮やかな色彩感覚で、作品が数百万円で取引されているとのこと。

嗅覚が鋭いため、油絵具の匂いによって、吐き気や頭痛がするため水彩絵具絵尾使っているジミー大西さん。

ボジョレー・ヌーボーのラベルを手掛けたことで、画家としてのジミー大西さんの名前を知られるようになりましたね。

画家として売れてきたためか、ジミー大西さんは、サヴァン症候群ではないかとも言われています。

自閉症などの発達障害もっている人で知的障害がある場合、そのうちの10%の人がある特定の事に関して驚異的な能力を持っているという「サヴァン症候群」というものがあります。

自閉症をもっていない中で「サヴァン症候群」なのは、1%になります。

サヴァン症候群の人は、色彩感覚が発達していることがあります。

鮮やかな色彩感覚で描かれているジミー大西さんの作品と、漢字が読めないなどの事が合わさり、「サヴァン症候群なのでは?」と言われているようですね。

あくまでも、発達障害の診断は専門医にしかできませんので、疑いがあるということになります。

→イチロー選手のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD, アスペルガー症候群, 学習障害, 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事