注目の記事 PICK UP!

発達障害のグレーゾーンは仕事にどんな影響を及ぼす?

スポンサーリンク

発達障害のグレーゾーンと診断されている人もいますよね。

大人の場合、就職して働かないと生活できないことが多いので仕事をしまう。

発達障害の場合、仕事などが困難になる場合もありますが、グレーゾーンの場合は、仕事などにはどういった影響があるのでしょうか。

adhd

発達障害のグレーゾーンは健常者扱い

発達障害のグレーゾーンの場合、基本健常者扱いをされることが多いですよね。

どの発達障害のグレーゾーンなのか、どういった症状があるのかにもよって、人それぞれ違いますよね。

発達障害者として見られないために、「普通の人ならこうするでしょ」といわれることもあるかもしれません。

できないことは頑張ってもできないとしても、周囲にできることを求められることも多いです。

そのため、負担になることやストレスをためてしまうために、転職を繰り返す人も多くいるようです。

転職できるならいいのですが、転職の回数がネックになってしまい、就職すらままならなくなってしまう場合もあるようです。

また、ストレスが多くなり、うつ病や総合失調症などの精神病になってしまうこともあります。

発達障害としてはグレーゾーンなのだけど、精神疾患によって、障害者としてあつかわれ、障害者雇用枠を利用している人もいるようです。

[ad#ad-1]

→発達障害は仕事が続かない理由!支援が必要なのか?

発達障害のグレージョンはビジネスにおいて自分ができることを探す

グレーゾーンであるために、仕事がうまくできず、転職を繰り返してしまうなどの場合、仕事が向いていないための場合もありますよね。

発達障害の人と同じように、自分がしたい仕事ではなく、自分でもできる仕事を理解することによって、仕事も続けることができるようになります。

自分に向いていることがわかれば、転職を繰り返すことや、ストレスをためてしまうことも減らせます。

無理に周りのペースに合わせるのではなく、自分のペースで自分にできることを探していく時間も大切なのです。

グレーゾーンの人が一番注意したいことは、うつ病や総合失調症などの二次障害を抱えてしまうことです。

仕事ができないダメな人などとレッテルを張られ、自信喪失してしまうようでしたら、自分にあった仕事を探してみてください。

自分にあわない仕事を、無理に長期間続けようとすることは、ストレスを溜め込んでしまう原因ともなります。

また、前はグレーゾーンとよばれていたけど、病院で診断を受けなおした時に、発達障害と診断されることもあります。

自分にあわない仕事で、ストレスを抱え込まないように、医師やカウンセラー、支援施設などへ相談することも大切になってくるのです。

発達障害のグレーゾーンであることを、知ってもらい周囲の人に知ってもらい対応してもらうことも1つの方法なのかもしれませんね。

アスペルガー症候群などのグレーゾーンなどでしたら、周りの人に指示の仕方を変えてもらうといったことだけでも仕事ができるようになるかもしれません。

もちろん、知られたくない場合は、周知のものにしないで過ごすという選択肢もできますので、自分にあった方法を選んでくださいね。

→顔で見る発達障害の特徴

[ad#ad-1]

関連記事

  1. 3歳児の発達障害の癇癪の対応!怒りをコントロールする方法

  2. 子供の発達障害と自閉症の特徴と違い!

  3. 発達障害の小中高校でみられる不登校の対応と支援

  4. 発達障害の子供は友達がいない!トラブルを起こしてしまう理由は?

  5. 発達障害が不登校の原因になる?どの位の割合いるのか?

  6. 性同一性障害と発達障害やアスペルガー症候群の意外な関係性とは?

  7. 4歳で空気が読めない場合は発達障害と判断すべき?

  8. 島崎遥香さんのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  9. 3歳児の発達障害の子供との接し方!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP