ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

愛子さまのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

最近では発達障害の認識も広がっていったことにより、発達障害だと分かる人も増えていますよね。

日本のお姫様とよばれる愛子さま。

そんな彼女も、発達障害をもっているのではないのかと噂される1人になります。

aiko

愛子さまの情報で公開されていないことも多い

愛子さまの母親である、雅子皇太子妃は、適応障害だといわれており、公務などにあまり出てこられないことは、有名な話でもあります。

その娘の愛子さまも、発達障害ではないのかと、噂が多いのです。

愛子さまは、遅刻や欠席が多くみられることや、昼夜逆転の生活を送っています。

そのため、愛子さまだけ特別に、同級生とは別に授業を受けるカタチになっているのです。

発達障害をもっている人の特徴として、時間を守ることができないといったこともあります。

遅刻や欠席が多いのは、発達障害をもっているからなのでしょうか。

また、愛子さまは小さなころからあまり笑わなかったことや、周りの人とコミュニケーションをとることが苦手でした。

自分の意思を周囲に伝える時に、言葉で伝えるのではなく、頷いたり、首を横に振ったりするなどのこともあり、周りの子と比べると言動が違っていることもあり、挨拶やお辞儀などができないといった点もありました。

そのような点から、発達の遅れがあるのではないかという噂が出てきたのです。

皇室についての事は、タブーが多くて、あまり公開されていないことも多いです。

そのため、正確な情報はあまりわからないのです。

環境の問題からくる行動や言動なのか、発達障害をもっていての行動や言動になるのかはわかりません。

また、発達障害の子は、「逆さバイバイ」といって、通常なら手のひらを外側に向けて手を振ってバイバイするのですが、手のひらを自分側に向けて手を振ってバイバイする行動をとる子も多くいます。

愛子さまも、逆さバイバイをしている動画がありました。

発達障害の子に多い、行動が多くみられるということも、発達障害なのではないかという噂の根源なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

→ジミー大西さんのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

発達障害やADHDにも種類がある

発達障害の疑いがあるという噂が多く聞こえてくる愛子さま。

発達障害といっても種類があり、大きく分けても、ADHD(注意欠陥多動性障害)や、アスペルガー症候群や自閉症などの広汎性障害、学習障害(LD)などがあります。

ADHDやADDは、不注意・多動性・衝動性という特徴があり、多動性がないものがADDになります。

アスペルガー症候群は、知能障害はないのですが、コミュニケーションが苦手なことや、社会性に欠けていること、こだわりが強いといった特徴があります。

自閉症の場合は、知能的に遅れている場合もありますが、知的な遅れがない場合もあります。

自閉症などは遅くても3歳ぐらいまでには、なんらかの症状がみられることが多いです。

学習障害は、知能障害はないのですが、読む、聞く、書くなど、特定の事や複数の事に関して、困難であることがみられます。

学習障害は、学習障害のみでもっている場合もあるし、他の発達障害と併せ持っている場合もあります。

愛子さまの場合、おとなしい感じの子としても見られるので、発達障害をもっていたとしたら、自閉症やアスペルガー症候群なのかもしれませんね。

また、発達障害をもっている場合、うつ病などの精神病を併発してしまうことが多い傾向にもなります。

そのために、周りの理解やサポートが必要になってくるのです。

愛子さまが、発達障害なのかそうでないのかはわかりませんが、発達障害をもっている子は不登校になりやすい傾向にもあります。

愛子さまも、不登校気味なので、余計に発達障害ではないのかと噂が広まっているのかもしれませんね。

→山口達也さんのケース!アスペルガー症候群のエピソード

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - アスペルガー症候群, 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事