注目の記事 PICK UP!

発達障害の人の結婚!知っておきたい要注意なポイント!

スポンサーリンク

発達障害をもっている人が結婚する場合、普通の人との結婚と何か違いがあるのでしょうか。

発達障害の種類や度合によっては、普通の生活でも困難が生じることがありますよね。

発達障害の人が結婚する場合、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

adhd

発達障害を理解してくれる相手を見つける

発達障害をもっていることを隠して、恋愛をしていても、いつかはばれてしまう時もきます。

軽度の物で、自分が注意や努力することで、普通の人と変わりのない生活を送れる人だったら、カミングアウトする必要もないのかもしれません。

ですが、発達障害は病気ではなく、生まれつき脳に何らかの障害をかかえています。

発達障害の種類によっては、遺伝性があるものもありますので、将来子供が産まれたときに、子供が発達障害をもっている可能性は0ではないのです。

そのため、結婚生活や将来子供が生まれた時のことを考えても、発達障害をもっているとわかっているうえで、理解してくれる相手を探すことが大切です。

発達障害をもっていることによって、結婚相手に迷惑をかけることもあれば、力になってもらうこともありますよね。

きちんと発達障害の事を理解してくれて、対応の仕方などをわかってもらうことが大切です。

[ad#ad-1]

→結婚相手がてんかん!持病持ちの彼氏彼女を支えるには?

発達障害は会話にも注意する点がある

発達障害の中でもアスペルガー症候群の場合などは、相手の気持ちを読み取ることが苦手な人が多いですよね。

そのため、なんでも具体的に言ってくれないと理解できないことも多いです。

曖昧に言われても理解できないため、その都度「どういう意味?」と確認しなくてはいけない時もあるかもしれません。

確認しすぎて嫌われたらどうしようと考えてしまうこともあると思いますが、間違ったまま受け取ったり、理解したりしていた時に、トラブルになってもっと嫌な思いをしてしまうかもしれないのです。

どうして聞きたいのか気持ちも伝えれば、相手も嫌な顔しないで答えてくれる人も多いですよ。

また、暗黙のルールなどがあった場合に、理解できないことも多いです。

そのため、あらかじめ具体的にルールを決めておくことも生活の中で必要になってきます。

その場の雰囲気で、そうしなくてはいけないということは、アスペルガー症候群の場合などは、流れを読むことができません。

具体的にルールを決めておくことで、ケンカの原因をなくすことにもつながりますよね。

他にも、相手の立場に立って考えることが苦手としているので、相手を傷つけたり、怒らせたりしてしまった時は、その理由を聞くようにしましょう。

悪気があって言ったわけじゃないということも、理解してもらわないといけないのです。

理由が理解できたら、次は同じような失敗をしないように工夫することが大切になります。

結婚ともなると、これから生活を共にしていきますので、結婚相手にも相談できない事などのために、ストレスや愚痴も言える第3者など、相談できるたり、ストレス言える場所を作っておくことも大切になります。

→アスペルガー症候群の彼氏はDVを振るう?

[ad#ad-1]

関連記事

  1. 発達障害の二次障害!不登校問題が起こった場合の対処法は?

  2. 坂本龍馬のケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  3. みやぞんは発達障害やサヴァン症候群!?天然や天才肌には多いのか?

  4. ADHD・LD・発達障害・アスペルガー症候群・自閉症!一体なにがどう違うのか?

  5. 発達障害の赤ちゃんや子供にはどんな特徴がみられる?

  6. 発達障害の偏食は3歳位から現れる?改善する為のポイント

  7. 発達障害の人は職場でどんな迷惑をかけるのか?

  8. 愛子さまのケース!発達障害・アスペルガー症候群のエピソード

  9. 学校では教えてくれない!発達障害の子供を診断チェックするポイント!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP