ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADHDのグレーゾーンとは?ADHDの反抗期は普通よりも酷い?限界を感じたらどうすべき

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADHDの検査をしたのち、グレーゾーンと判断される場合があります。

グレーゾーンとはなんなのでしょうか。

adhd

グレーゾーンはどんな場合?

ADHDの診断基準を満たさないが、ADHDの症状が出ている場合グレーゾーンと言われる場合があります。

他にも、成長過程で年齢的に小さいため判断がつけづらいときにも、言われることがあるようです。

症状があっても、知能検査などでの偏りがない場合にも使われるみたいです。

また、脳の機能障害ではなく、生活環境になんらかの要因があって、様子を見たい時にも使われるようですね。

グレーゾーンの症状として、「感情に波がありおとなしいときもあれば、すごく暴れるときがある」「気に食わないことがあると騒ぐことがある」、集中力があまり持続できないなどがあります。

ADHDの症状に近い状態だと思ってください。

ADHDの特徴となる症状を持っているため、薬での治療をする場合もあります。

グレーゾーンの場合、薬の服用をすることで、集中力が増し、成績向上するなどの変化がみられることも多いです。

知能に異常はないため、通院することや薬の服用を嫌がることもあります。

その場合、親が「服用しなくてはいけない」ということを、しっかりと伝えてあげてください。

子供によっては、服用することで、自分に自信がもち、成績がよくなることが多いようですよ。

ADHDと判断される人の多くがIQ70ほどにたいし、グレーゾーンの場合はIQ70以上が多いようです。

スポンサーリンク

→子供がADHDになるのは親の遺伝が原因?検査する費用はどの位?

グレーゾーンの子の場合

ADHDの子の場合、反抗期などにはいると普通の子に比べ、反抗することが強くあらわれます。

グレーゾーンの子の場合も、ADHDの症状を持っているため、普通の子と比べて反抗期の症状が強い場合が多いようです。

症状のあらわれかたは一人一人違うため、普通の子と同じぐらいの程度の場合もあります。

反抗期などになり、「あまりにも他の比べて酷い」などと感じた場合は、もう一度検査をしてみるのもいいですよね。

成長過程の為グレーゾーンと判断されていた場合、大きくなっているのでADHDと判断される場合もあるようです。

「グレーゾーンと判断されているけど、やっぱりADHD何ではないだろうか?」と感じたら、改めて検査し、診断結果を聞くことも大事ですよね。

グレーゾーンの場合、「ADHDだからこういった行動をとります」ということを、学校など集団行動の生活の中で伝えられないという方もいますよね。

「ADHDの傾向があります」と伝えるのもいいと思いますが、発達障害者であるということを知られたくないと思われる方も多く、なにも伝えることもない人も多いと思います。

ADHDに近い症状からくる行動によって、叱られることが多く、自信を失うよりは、周りに伝えて適切な対応をしてもらうのもいいのかもしれません。

グレーゾーンの場合、薬の服用ではもちろん、ADHDの改善のためにとる治療も効果的となり、集中力をつけることにもなりますので、過度に悩みすぎないようにしてください。

医師に相談し、適切な対応や治療をすることによって、症状が改善されることが非常に多いです。

→子供・幼児のADHDチェックリスト!いくつ以上でADHDなのか?

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事