ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

ADDとADHDの違い!子供の特徴や症状!改善策や対応方法は?

      2017/11/27

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

ADDもADHDも発達障害です。両方とも集中力が続きません。ただし、違いもあります。大きな違いは、診断名を見ると分かります。ADDは注意欠陥障害、ADHDは注意欠陥多動性障害です。「多動性」が際立っているかいないかが、主な違いです。ADDやADHDの子供の特徴や対応方法について、まとめてみました。

adhd

集中力が続かない子供には小刻みなステップアップが効果的!出来たら褒めて自信を持たせる

ADDもADHDも集中力が続きません。長時間無理に行動させないようにしましょう。いっぺんにやり遂げさせようとせず、作業の途中で休憩を挟み、少しずつ分けてさせると効果的です。

集中力が続かない子供も、短い間なら集中できる事が少なくありません。「ここまでなら出来る」という達成感を味わう事が、やる気を引き出します。小刻みなステップアップを目指しましょう。出来た事に対しては、褒めてあげます。自信を持たせる事が大切です。

→子供が病院でADDやADHDを診断するためのテストやチェクリスト!どんな事をするのか?

ADDの子供はぼーっとしている事が多い!優先順位を決めてあげる事が大切

ADDの子供は、あまり動き回らず、口数も少ないので、おとなしい子供と見られる傾向があります。ぼーっとしている事が多く、うっかりミスや忘れ物が多いのが特徴です。

いっぺんにさせず、少しずつに分けて行動させますが、優先順位を自分で決める事が難しいので、するべき事を紙などに書き出したら、優先順位を決めてあげましょう。優先順位が高いものから1つずつ処理し、処理したらチェックするようにすると、不注意さを補う事ができます。

スポンサーリンク

→ADDとADHDの違い!子供の特徴や症状!改善策や対応方法は? 

ADHDの子供は落ち着きがない!短時間に集中させる事が大切

ADHDの子供は、よく動き、よく喋ります。落ち着きなく動き回るのが、ADHDの特徴です。一方的に喋り、相手の反応に御構い無しだったり、ルールを無視したりする事が少なくありません。ただし、小さな子供には、多少ともこのような傾向が見られます。同年代の子供と比べて、多動性や衝動性が著しく顕著な場合、ADHDと診断されます。

ADHDの診断に際しては、日常生活に支障を来たしているかどうかも考慮されます。多動性や衝動性等が原因で生活に支障を来たしている場合、ADHDと診断されます。集中力が続かないで、他の事をしてしまうADHDの子供に対しては、短時間に全力で取り組ませるのが効果的です。

→ADDやADHDの治療!薬と食事療法で本当に改善されるのか?

話題のブレインフードで集中力をサポート!ADDにもADHDにも効果的

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

ADDもADHDも集中力が続かないのが特徴です。そのために日常生活で不都合が生じます。集中力の欠如を改善するのに効果があるとされるのが、ブレインフードの1つのリン脂質です。リン脂質の一種で、手近な食べ物から摂取できるのが、ホスファチジルセリンです。

ホスファチジルセリンは大豆に含まれています。ただし、大豆に含まれる量は、0.003%程度とされています。希少なホスファチジルセリンを効率よく摂取できるのが、「コドミン」です。「コドミン」は、1粒に100mgのホスファチジルセリンが配合されています。1日に1~2粒飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

→ADDやADHDは幼児に遺伝する?特徴は3歳頃から現れるのか?

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - ADD, ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事