ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害は寝ない、眠りが浅い?

      2017/12/16

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害を持つ人は、眠りが浅かったり、あまり眠れなかったりする事が多いと言われています。睡眠に問題を抱える人が多いのは、どうしてでしょうか?発達障害の人が、気持ちよく眠るには、どうしたら良いでしょうか?

adhd

睡眠に関するトラブルはいろいろな状態がある!子供にも睡眠障害は見られる

睡眠障害は、眠りが浅かったり、寝つきが悪かったりするだけではありません。日中に異常な眠気を感じる事もあります。夜中に寝ぼけて起きてしまう事もあります。寝ていたと思っていたら、急に起きて、叫び声をあげる人もいます。

発達障害の中では、広汎性発達障害の人に、睡眠障害に悩まされる事が多いとされています。広汎性発達障害を持つ場合、子供のうちから睡眠に問題を抱えるケースが、少なくありません。音、光、温度などの些細な刺激で、起き出してしまう子供が多いとされています。

→発達障害の二次障害!統合失調症・解離性障害・うつが併発した際の治療法

成長に伴って睡眠障害が改善される事もある!睡眠サイクルが安定するから

広汎性発達障害の子供は、幼い頃に睡眠障害の症状が酷い傾向があります。わずかに漏れてくる光や、ドアを開け閉めする音などに反応して、起き出したり、動き回ったりする事があります。

そうした症状は、成長に伴って和らぐ事もあります。成長するにつれて、睡眠サイクルが安定してくると、寝つきの悪さは改善されてきます。規則正しい生活を送り、睡眠サイクルが安定するようにしましょう。

スポンサーリンク

→発達障害のイライラを抑える方法!食べ物や飲み物で改善できる?

睡眠障害が起こるのはメラトニンの分泌が適当に行われないから!カギになるのは×××だった

成長しても睡眠障害が改善されない場合、不眠の原因は、メラトニンの状態にあります。メラトニンは、「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、自然な眠りを導く作用があります。メラトニンが正常に分泌されると、徐々に体温が下がり、1~2時間で眠くなります。

メラトニンの分泌に不可欠なのが、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質です。セロトニンが正しく分泌されると、メラトニンの分泌が促されます。セロトニンは、質の良い睡眠に欠かせない成分です。睡眠に問題を抱えている時は、セロトニンが不足しています。

→発達障害の子供は友達がいない!トラブルを起こしてしまう理由は?

睡眠状態の改善に必要な成分はトリプトファン!原料となる必須アミノ酸をバランス良く取り入れるのがコツ

起立性調節障害
セロトニンは、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸を原料として生成されます。トリプトファンは、乳製品、肉や魚、大豆など、タンパク質を含む食品に多いとされています。ただし、トリプトファンだけを沢山摂ってもセロトニンはうまく生成されません。必須アミノ酸は、全ての種類をバランス良く摂取する事で、うまく機能するとされています。

また、トリプトファンを過剰摂取すると、副作用のリスクもあります。1回に摂取できるトリプトファンの量が約96mgと適当で、9種類のアミノ酸がバランス良く配合されているのが、「マインドガードDX」です。

スポンサーリンク

→発達障害の子のパニックや奇声の対応や予防!

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事