ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の子供は友達がいない!トラブルを起こしてしまう理由は?

   

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害の子は、コミュニケーションが苦手な人が多くいます。

そのためか、友達がほとんどいなかったり、友達がいなかったりすることが多い傾向にもあります。

adhd

発達障害は相手の気持ちがわからない

発達障害の子は、コミュニケーションが苦手なことが多いですよね。

アスペルガー症候群の人は特に、相手の気持ちを読み取ることが苦手なために、悪気がないわけではなくても、相手を傷つけてしまう言葉を平気で言ってしまうこともあります。

ADHD(注意多動性欠陥障害)の人ですと、相手の話を聞かずに一方的に話しまくることもあります。

普通の子だったら、その場の雰囲気をよんで、言わないようなことや、しない行動を、発達障害の子は、わからないために、してしまうことが多いです。

その場の空気がわからないので、友達がやりたい遊びを言っても、自分がしたい遊びを押し付けてしまうような感じになることも多く、友達から敬遠されてしまうことにもつながってしまうのです。

年上の子と仲良くなれることもありますが、年上だから合わせてくれているということも多いです。

反対に年下の子とも仲良くしている時も見られます。

自分のやりたいことを押し付けても、従ってくれる子が多いので、仲良く遊んでいるようにも見えるのです。

また、友達と遊ぶことを好まない子もいて、1人で遊んでいることが好きな場合もあります。

まわりのみんなが、一緒に遊んでいるのに、自分のしたい遊びをしているため、友達の輪の中に入れなく、友達ができないことや少ないことにつながってしまいます。

他にも、ADHDなどで衝動性が強い場合には、乱暴な子と思われてしまっていることがあります。

おもちゃを取りあげたり、順番をまもらなかったり、自分の思い通りにならないと叩いてくる子もいます。

そういう行動や言動で、友達から敬遠されてしまうことや、溝ができてしまい、結果友達が少ないことや、いないことにつながっているのです。

スポンサーリンク

→発達障害の子は特定の友達に凄く執着するのはなぜ? 

発達障害は療育でトレーニングする

友達ができなくて、うつ病などの二次障害をかかえてしまわないためにも、療育などで、コミュニケーションがうまく取れるようにトレーニングしていくことが必要なこともあります。

「発達障害=友達がいない」というわけではなく、症状の出方や度合によっては、普通に友達ができている人も少なくはありません。

コミュニケーションの取り方を学ぶことができれば、友達との溝もなくすことができて、友達を作れるようになる可能性だってあります。

発達障害だから友達ができないとあきらめなくていいのです。

多くの友達を作らなくても、仲のいい友達ができることだけでも、ストレスをかかえないようにもなります。

また、いじめられて友達がいないわけでなく、1人が好きな子で、同じことを楽しめる友達なら欲しいと思っているような子でしたら、無理に友達を作る必要はないと個人的には思います。

いつか、同じ趣味で楽しめる友達もきっとできる日が来るかもれません。

その子に、友達のいないことで、その子自身がストレスを抱えていないようでしたら、無理やり友達を作るということは、親の見栄やエゴなだけの時もあるかもしれませんよね。

友達がいるのが普通といった、偏見があるから、「友達がいない=ダメ」となってしまっているのかもしれませんね。

→発達障害の二次障害!不登校問題が起こった場合の対処法は? 

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事