ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善方法

ADHD・アスペルガー症候群・発達障害の改善マニュアル

*

発達障害の子供は友達がいない!トラブルを起こしてしまう理由は?

      2017/12/16

《注目記事》ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

スポンサーリンク

発達障害の子供は、友達が出来ません。友達が出来ない事で、発達障害が疑われる事もあります。発達障害の子供が友達との間でトラブルを起こしてしまう理由は、どんな事でしょうか?

adhd

一番の理由は相手の気持ちが分からないため!悪気の無い言動がトラブルを生む

発達障害の子供が友達との間でトラブルを起こしてしまう一番の理由は、相手の気持ちが分からないためです。アスペルガー症候群の子供は、自分が思ったままを口にします。相手がどう感じるのかを想像する力が欠けているため、相手が傷つく事を言ってしまいます。

ADHDの子供は、自分の頭に浮かんだ事を、口にしないと気が済みません。相手の反応に構わず、自分が言いたい事を一方的に喋ります。そのために、自分勝手と思われてしまいます。本人に悪気はありません。しかし、相手に誤解され、嫌がられる事になります。

→発達障害の子は特定の友達に凄く執着するのはなぜ? 

発達障害の子供は同じ年頃の子供の友達が出来にくい!年上か年下と遊ぶ事が多い理由は?

発達障害の子供は、同じ年頃の子供とは、なかなか友達になれません。しかし、一緒に遊ぶ相手が、全くいないわけではありません。年上の子供や年下の子供と遊ぶ事が、しばしばあります。自分と違う年頃の子供と遊ぶ事が多いのが、発達障害の子供の特徴です。

自分よりも年上の子供だと、年下の相手に合わせてくれる事が多く、自分よりも年下の子供だと、自分のやりたい事を押し付けても、従ってくれる子供が多いためです。自分の主張が通りやすい相手だと、発達障害の子供も一緒に遊ぶ事ができます。

スポンサーリンク

→発達障害の二次障害!不登校問題が起こった場合の対処法は? 

特定の子供に執着する事もある!友達がいると安心しているとトラブルを抱えているケースもある

発達障害の子供も、同じ年頃の友達が出来る事があります。ただし、友達が出来た時も、安心していると、トラブルを抱えている事があります。アスペルガー症候群の子供は、変化を好みません。そのため、友達が出来ると、執着してしまい、相手の子供が息苦しさを感じている事があります。

特定の子供の噂ばかりしているようなら、適度な距離感を持てるように、注意深く様子を見守りましょう。相手の子供が、時には他の友達と遊びたいと思っている事を、さりげなく伝える事も必要です。同じ年頃の子供がどのように感じているのかを、説明してあげる事が大切です。

→発達障害の子のパニックや奇声の対応や予防!

落ち着きをサポートする事で友達とのギクシャクが少なくなる!リン脂質が効果的

kodomin

→コドミンの公式サイトはコチラ

同じ年頃の友達と付き合うには、落ち着いてコミュニケーションをとろうとする姿勢が必要です。せっかちに自分の要求をまくし立てていると、友達は出来ません。落ち着いて行動できるようにサポートしましょう。落ち着きをサポートする栄養素として、近年、注目されているのが、リン脂質です。

リン脂質は、脳細胞の材料です。脳の機能のカギになるのが、リン脂質です。リン脂質の一種で大豆に含まれている成分が、ホスファチジルセリンです。ホスファチジルセリンは、情報伝達をサポートする栄養素として、注目を集めています。ホスファチジルセリンを1粒に100mg配合してあるのが、「コドミン」です。1日に1~2粒が目安です。

スポンサーリンク

→ADHDの息子の将来が不安!長所を伸ばすトレーニング法

↓ ↓ ↓

ADHDの症状を薬を使わず治す奇跡の方法はコチラ

 - 発達障害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事